FC2ブログ
ちょっと変な布 紙 木 土を取り扱う雑貨店「地球屋」にかかせない「ちょっと変な服」のデザインを手がける”小林靄”の紹介。
空の色 (2006/09/15)
 「秋の空」と云えば、真っ青な空だったり、鰯雲を想像したりする。今日の空は低気圧の影響か、薄墨色の雨雲が空を覆っている。その動きがゆったりしている所為か、秋の空気を感じさせる。いつも、榛名山に向かって車を走らせるのだが、今日は山の中腹まで霧に覆われて、まるで高原を走っているような錯覚に陥る。その中に時々サルビアの真っ赤な塊が見えてくる。それがなんだか、哀しみの塊のように思えて、誰が、どんな気持ちで植えたのだろうと想像してしまう。これは、たぶん男の人が黙々と屈まりながら植えたのだろう。そんな気がしてならない。

  わが裡の喫水線を超えてくる哀しみありて 緋色サルビア
スポンサーサイト




コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ちょっと変な布・紙・木・土 地球屋のデザイナー日記 © 地球屋 2019. (http://chikyuya.blog47.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.