FC2ブログ
ちょっと変な布 紙 木 土を取り扱う雑貨店「地球屋」にかかせない「ちょっと変な服」のデザインを手がける”小林靄”の紹介。
帚木 (2006/08/28)
 群馬町と榛東村のちょうど境あたりの畦に、帚木(ほうきぐさ)の花が咲いている。かなり大きな株で1m位の高さがあり、紫色の小さな花を付けている。背が小さくて、竹箒がまだ使えなかった小学生の頃、この帚木を干して作った「ほうき」でよく庭を掃かされた。懐かしい花である。源氏物語の「帚木の巻」、雨夜の品定めと、源氏と空蝉との交渉の前半部であり、源氏香の名でもある。あの源氏物語に登場する花が、小さい頃から身近にあったと気付いた時、なんとなく豊かな気分になった。田圃の中で、真っ黒になって働くばかりだった亡父に、この「帚木」の名は教えてもらった。

  まっすぐに見つめて切り出す男の この話は聞くことにする
スポンサーサイト





まっすぐに定規を置いたような道 登っているのか降っているのか
(よっ!シー ><:)
2006/08/29 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ちょっと変な布・紙・木・土 地球屋のデザイナー日記 © 地球屋 2020. (http://chikyuya.blog47.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.