FC2ブログ
ちょっと変な布 紙 木 土を取り扱う雑貨店「地球屋」にかかせない「ちょっと変な服」のデザインを手がける”小林靄”の紹介。
モアイ像 (2006/08/22)
 高崎から地球屋へ向かう、唯一の丁字路で、葡萄園に突き当たる手前の左側に小さな祠がある。モアイ像を小さくしたように見える石塔がたくさん立っている。祠のある庭は、春には3本の大きなソメイヨシノが満開になり、それが過ぎると、7本の見事な八重桜が通る人の目を楽しませる。花が咲いている時はかなり狭い庭のように思えるが、実際もそんなに広くはない。だが、そこにある石塔は、なんだか海に向いてたってぃるあのモアイ像を連想させ、広々としているように見える。年月を経た石塔の丸くなった背が、その目線をも想像させて、広い海を向いているように思えるのかも知れない。この辻は、村の境界なのだろう、春と夏のお祭りの頃、笹の付いた青竹に白い御幣をつけたのが立てられる。

 ロッキングチェアーの揺れる目線に遠花火ぽつんと一つ音なく上がる
スポンサーサイト





煙草吸う前を漂うモノクロの煙に溶け込む縞々の蚊
(ゆりこ)
2006/08/23 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ちょっと変な布・紙・木・土 地球屋のデザイナー日記 © 地球屋 2020. (http://chikyuya.blog47.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.