FC2ブログ
ちょっと変な布 紙 木 土を取り扱う雑貨店「地球屋」にかかせない「ちょっと変な服」のデザインを手がける”小林靄”の紹介。
青年の木 (2006/12/14)
今年最後の観葉植物の交換に来てくれた。今回は青年の木。それにポトス。親切な植木屋さんで、お正月用にと千両の鉢を置いて行ってくれた。2鉢の契約なのだが、サービスの植木がだんだん増えて、7鉢が部屋の中にありグリーンだらけ?。その「青年の木」だが、何故、「青年の木」という名前がついたのか知らないが、この青々とした新鮮な感じが、青年というイメージにぴったりなのだろうか。そう云えば、高校生だった頃、先生が、「女子高生を見ると、神々しくて拝みたいくらいだ」といわれたことがある。尤もこの先生は天台宗のお坊さんで、黄色い袈裟を着ていたから位も上のほうだったのだろう。清々しい青年の涼しい眼差しなどに出会うと、思わず此方のほうが眼を逸らしてしまう。でもこういう青年も少なくなったような気がする。
スポンサーサイト





己よりはるかに若き男性を青年と呼ぶは人生の暮れ
(おかおか)
2006/12/15 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ちょっと変な布・紙・木・土 地球屋のデザイナー日記 © 地球屋 2019. (http://chikyuya.blog47.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.